そしてとうとうやって来ました。花の都フィレンツェ!
おおーまさにテレビでみるイタリア!

そしてフィレンツェでの一番の目的はもちろんMercato Centrale(中央市場)。たぶんイタリアで一番大きな市場かな。
            

品揃えはかなりのもんで、フィレンツェはかなり内陸にあるのに魚介類の豊富さにはビックリ。種類もなんか日本の魚介類と似てる。鯖、ボラ、鯵、鯛、太刀魚までいるし。
パレルモより魚介類の種類は少ないけど、加工肉とチーズの種類の多さはさすが。
日本で業者さんから買うと7000円/kgはするであろうサラミが25ユーロ/kgくらいかな。
きのこの類は夏だったので、少しさみしい品揃えでしたが、それでも日本ではなかなか手に入らないポルチーニやシャンテレル(ジロール)が並んでて、テンション上がるなぁ。

フィレンツェの中央市場には、お土産コーナー的な所やフードコート的な所もあり、市場の周りには出店もたくさんあるので、料理人じゃない人でもかなり楽しめると思います。
                       

トスカーナの郷土料理のライスサラダ、パンツァネッラ、トマトの詰め物、茄子のパルマ風(これはパルマ料理か・・・)。しかし何でサラダ2個も頼んだんやろ?旅行中の行動って後から考えるとバカな時ありますよねぇ。