ローマからバスに乗りトスカーナ州シエナに到着。 まさにテレビで見るような美しい町。こんな古い町が残ってるなんて。チョーロマンチック! 彼女によると、14世紀にペストが大流行して、シエナは人口の半分くらいを失って街の機能がストップしてしてまったらしい。だから都市開発が行われず、昔のままの町並みが残ってるらしい。へー:-O しかし、カンポでボーっとしてるだけで満足やわ。 さて、シエナにはCane e Gattoと言うレストランが目的で来たので、早速予約してアンディアーモ。 コース料理に合わせてワインのコースも注文しました。
     
Cane e Gattoの料理は伝統的なトスカーナ料理でどれもかなり美味しかったですが、やっぱパスタが一番かなぁ。ほうれん草とプロシュット、リコッタのリピエーノで、たっぷりのトリュフ。餃子とかサモサとかスプリングロールとか、詰め物系のパスタはとにかく美味しいなぁ。
ちなみに僕が料理人だと言うとキッチンの中(設備はかなりシンプル)を見せてくれて、興味があるなら働きにおいでと言ってくれました。以前この店で日本人の方(今は、東京でCane e gattoのオーナーシェフです)が働かれてて、日本人に好印象を持たれてるみたい。 若い料理人で興味のある人は行ってみてもいいかも。
しかもサービスの方はシェフの娘さんでかなりのベッピンです。

Cane e Gattoでワインをたらふく飲んだので、早起きせずにゆっくり寝てると何か外が騒がしい。楽しそうな音。急いで支度して出かけると、どうもお祭りみたい。あしたはPalioがあるからかなぁ。
  

太鼓叩いたり旗振り回して投げたり、かなり勇壮な感じ。まわりをよく見ると、若い女子達が目当ての男子を見て盛り上がってました。どこの国も祭りってそんなもんやね。