ホステルで知り合ったシンガポール人のカップルとレンタカーしてキャンティ地方にドライブする事になりました。
最初に向かったのはSan Gimignano(サン・ジミニャーノ)。フィレンツェとシエナの間にはサン・ジミニャーノの様な城壁に囲まれた町がたくさんありました。昔、フィレンツェとシエナは度々戦争していたからかなぁ。悲しい歴史ですが、今となってはドラクエに出てくる町みたいで、どれもかっこいい。
キャンティに来た理由はもちろんワイン!早速ワインテイスティング。この地方の葡萄品種は主にサンジョベーゼ。モンテプルチアーノと並んで、僕が一番好きなイタリアワインの葡萄です。最高でーす。プーハー。

続いてGreve In Chianti(グレイブ・イン・キャンティ)と言う小さな町に向かいました。目的はまたワイン。Le Cantine (http://www.lecantine.it/cantineUtente/index.php)エノテカと言うか酒屋さんかな?テイスティング用のカードを購入して少しづつテイスティングする事ができます。エキストラ・バージン・オリーブ・オイルもテイスティング出来るのでこっちもオススメです。
  

そして気に入った物があれば購入出来ます。僕はトスカーナのオリーブオイルが大好物なので、5本ほど大人買いしちゃったー。

アペリティーボには十分過ぎるほど飲んだので、フラフラ葡萄畑の間を歩いてレストランに到着。

 

  

トスカーナって感じやねー。ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(Tボーンステーキ)は、ボリュームも歯応えも十分。キアナ牛って硬いなー。アゴが疲れる。でも和牛とは違う美味しさがあるなー。