20.1.2017

スペイン人の友達Pabloの車でExtremaduraのOlivaという街に向かいました。スペイン南部の田舎道ではオリーブ畑をよく見かけますが、SevillaからExtremaduraの道のりはドングリの木でいっぱいでした。

途中休憩で立ち寄ったGalaroza(ガラロサ)のバルで生搾りオレンジジュースを飲みました。バレンシアオレンジって聞いたことありますよね!スペインではこのオレンジジュースを出してるバルがたくさんあって、これがめちゃくちゃ美味しいんです!美味すぎて一気飲みしてしまうので、いつも2杯はいっちゃいます!

ここはExtremaduraのJerez de los Caballeros(ヘレスデロスカバジェロス)という古くかなりヒリーな街です。ここでファクトリーマタンサを見学するために、Emilio Diazへ向かいます。

ここではハモンイベリコ、ハモンセラーノを中心にチョリソ、サルチチョン、モルコンなど非加熱の乾燥熟成加工肉ばかりです。建物内には独特のナッツのような熟成香が充満してます。この香りでワイン飲める!

この建物は3階建てで、1年毎にハモンセラーノを熟成させる場所を変え、夏には40℃以上にもなる環境で熟成を進めるそうです。ハモンの表面はカビだらけでした。こんな熟成肉を作るなんて。やっぱりヨーロッパの肉食文化はとてつもなく分厚いんだなと、改めて感動しました。

Calle Matadero(カジェマタデーロ)かっちょいいストリート名!スペインでは時々ベイビーのセールがあるみたい。